ケイ素の効果:血液サラサラや生活習慣病予防

ケイ素の効果:血液サラサラや生活習慣病予防

ケイ素の効果:血液サラサラや生活習慣病予防

ケイ素の効果:血液サラサラや生活習慣病予防身体の血液循環が悪くなると、さまざまな病気や体調不良とつながりますが、その血液の流れが悪くなっている原因がケイ素不足の可能性もあります。

 

ケイ素というのは、体内のあらゆる部分に存在します。

 

骨や歯、髪、爪の他、血管にも含まれている成分です。そのため、ケイ素不足と血管関係や血行には関係があると考えられます。

 

最近よく「ドロドロ血液」という言葉を聞きますよね。ドロドロ血液は、粘度がなくさらさらしているはずの血液が、脂肪やコレステロールなどを含んでいる状態です。

 

健康診断などでドロドロ血液を指摘されて、驚いたりショックを受けて、不安を感じている方も多いかと思います。

 

ドロドロ血液をサラサラにすることは簡単ではありませんが、不可能ではありません。血液状態には食生活が関係してきますが、食品や飲み物には酸性・アルカリ性と分類されるものがあります。

 

そのうち、酸性のものを摂り過ぎていると、身体の中では酸化が起こり、細胞も劣化していき、血行不良の悪循環になってしまいます。

 

飲み物からもケイ素を摂ることができます。番茶などいも含まれていますが、水溶性ケイ素水というミネラルたっぷりのアルカリイオン水でも摂ることができます。

 

ケイ素は浸透性が高い性質があり、とくに液体でとると、身体にすばやく浸透して反応を起こします。そのため、サプリメントの類も液体タイプが多いのです。

 

もちろん、水溶性ケイ素水も取り入れるようにすると、効率よく補えます。こうしてケイ素を摂るようにすると、ドロドロ血液の原因になる中性脂肪を分解し、血管も強化することができます。

 

ドロドロ血液と生活習慣病は密接に関係していますから、ケイ素は生活習慣病対策にもなる重要な成分です。

▲TOPへ戻る