ケイ素をあえて摂る意味とは?どのような効果・効能がある?

ケイ素をあえて摂る意味とは?どのような効果・効能がある?

ケイ素をあえて摂る意味とは?どのような効果・効能がある?

ケイ素をあえて摂る意味とは?どのような効果・効能がある?ケイ素は身体にとって必要不可欠な成分です。

 

骨や血管、爪や髪、肌などの組織に存在し、細胞間の結合の役割をになっています。

 

このように身体に重要な働きを持っているのですが、体内では作られません。そのため、ケイ素を摂る必要があります。

 

ケイ素の効果は幅広くありますが、それ以前にケイ素不足では身体に危機的状況になります。

 

ケイ素が不足してしまうと、細胞の劣化が進んで各部位の健康状態に異常を起こしてしまいます。つまり、体の老化や体の不調の原因になってしまいます。

 

健康状態を守り、若々しさを維持するためにもケイ素が必要不可欠というわけです。

 

ケイ素は栄養バランスよく食事をとっていると、補うことができる成分ですが、ここ最近の徴候から栄養不足の人が増えている現代人は不足している可能性があります。

 

食生活が乱れがちな人は、サプリメントを活用して摂るようにしましょう。

 

ケイ素を摂取するようにすると、さまざまな効果が期待できます。

 

  • アトピー症状の抑制
  • 脂肪燃焼やダイエット
  • 体臭や加齢臭の解消
  • 爪を丈夫にする
  • 血液サラサラや生活習慣病予防
  • 免疫力の強化

 

などなど。幅広い効果が見込めるのが、ケイ素の特徴です。

 

中でも、肥満傾向にあり、肥満と生活習慣病が密接な関係にある日本において、脂肪燃焼成分として注目されています。

 

脂肪を燃焼させるためには、脂肪をエネルギーに変換するために必要になります。そのためには、ミトコンドリアという細胞の働きが重要になるのですが、その細胞の構成にケイ素が必要になります。

 

そのため、ケイ素を補うことが脂肪燃焼や肥満対策、ダイエットに良いと言われています。

▲TOPへ戻る