ケイ素は1日にどのくらい必要?摂取目安とは?

ケイ素は1日にどのくらい必要?摂取目安とは?

ケイ素は1日にどのくらい必要?摂取目安とは?

ケイ素は1日にどのくらい必要?摂取目安とは?ケイ素はミネラルの一種で、体内のあらゆる部分に存在します。

 

骨や血管、歯・爪・髪、さらに内臓や肺の組織にも。細胞間の結合をになっている役割があります。

 

重要な役割があるのですが、体内では生成されないので外部からの摂取が必要になります。

 

摂取しない限り、消費される一方です。成人の場合、1日に大体10mg~40mgのケイ素を消費すると言われています。さらに、加齢とともに失われやすくなります。

 

よって、年齢を重ねたら、より積極的にケイ素の摂取がすすめられます。そこで気になるのが、1日の摂取目安です。

 

たとえ身体に良い成分でも、摂る量は一般的に目安があり、それ以上摂ると、身体によくない症状が出ることもあります。

 

さて、ケイ素の1日の摂取目安ですが、大体20mg~30mgが目安になっています。個人差もありますし、1日の最大消費量が40mgであることから、消費量をベースに考えて摂取するようにしましょう。

 

ケイ素不足になると、ケイ素が関わっている器官や組織に顕著に異変があらわれます。もし、食生活が乱れていて、ケイ素不足を感じる方は積極液に取り入れるようにしましょう。

 

ちあみに、1日の摂取目安30mgとして、食事から摂る場合ですが、とうもろこしなら100gで20mg、玄米なら100gで5mg、じゃがいもなら100gで200mgも摂れます。

 

すべて100g中の量ですから、バランスよく食材をとりいれた規則正しい食生活なら、ムリなくケイ素を補うことができるのです。

 

反対に食生活が乱れていると、ケイ素の摂取量より消費量が多くなってしまい、不足してしまうことがあるので、そのようなときにはサプリメントも活用してみるのはいかがでしょうか。

▲TOPへ戻る